ユネスコの無形文化遺産に登録された『秩父夜祭』。

毎年12月3日に大祭が行われ、多いときには30万人以上の見物客が訪れます。

そして、その夜祭で打たれている太鼓が秩父屋台囃子です。

秩父屋台囃子は、和太鼓のプロ集団である鬼太鼓座や鼓童によって「屋台囃子」と称して演奏され、その素晴らしい和太鼓演奏が国内はもとより、世界中に広まりました。

しかし、屋台囃子がステージ演奏用にアレンジされ、それを多くの和太鼓グループが手本として真似たため、本来の屋台囃子とはかけ離れたものが広く演奏されるようになりました。

秩父屋台囃子振興会ではそういった創作の屋台囃子とは違い、主宰する太鼓教室を通じて本場の屋台囃子をお教えしています。


秩父屋台囃子の魅力・・・それはなんといっても、あの一度耳にしたら忘れなれなくなる太鼓演奏です。

小太鼓 (締太鼓) の軽快なリズムに乗せて打たれる大太鼓は、郷土芸能の祭り囃子の中でも他には類を見ないほどテンポ良い豪快な太鼓です。

そこに笛や鉦が加わって、どこを探しても"これほどの祭り囃子はない"と称されるお囃子になります。

それが秩父屋台囃子です。

「秩父屋台囃子は和太鼓のあらゆるリズムをこれ以上ないほどに駆使した名曲である・・・」とある評論家はいいました。

多くの和太鼓グループがこぞって真似たがるのもうなずけます。

秩父屋台囃子は、大太鼓・小太鼓・篠笛・鉦 (チャンチキ) で構成されています。

その中でも小太鼓は、複数人で叩いて拍子 (リズム) を刻みますので、息を合わせて叩かないと拍子がバラけてしまいます。(演奏が乱れて合わなくなることを秩父では「グレる」といい、太鼓を叩くということを「太鼓をハタく」といいます)

実は、秩父屋台囃子はこの小太鼓の拍子が肝であり、大太鼓の節 (フレーズ) は、すべてこの小太鼓の拍子に連動して作られているのです。


太鼓教室では、まず秩父屋台囃子の肝となる小太鼓の拍子打ちからスタートします。

そして、小太鼓の拍子がある程度打てるようになると、次に大太鼓へと進みます。

大太鼓が難なく打てるようになると、最後は小太鼓の「玉入れ」へと進みます。

このように太鼓教室では、初心者の方でも最終的に屋台囃子の各パートが一通り打てるようになるまでご指導しています。

あなたも伝統芸能の太鼓を打ってみませんか!

秩父屋台囃子に興味のある方は、ぜひ一度「太鼓体験」にお越しください。

まだ記事がありません。