屋台囃子の太鼓演奏

小太鼓の拍子「テケテッケ」

秩父屋台囃子の小太鼓の拍子 (リズム) は「テケテッケ」と打ちます。

多くの和太鼓グループのように「テケテケ (トコトコ)」と左右均等に打つ単純な2拍子の連打ではありません。

「テ (右)・ケ (左)・テッ (右)・ケ (左)」と4打で打つのです。

それを続けて、テケテッケテケテッケテケテッケテケテッケ・・・と打ち続けます。

これがかなり苦戦します。

秩父屋台囃子の小太鼓の拍子は、他の郷土芸能の太鼓には類を見ない・秩父にだけしかない独特な拍子です。

大太鼓

大太鼓の節 (フレーズ) は大きく分けて「ぶっつけ」「大波」「小波」「ドコンドコン」「打ち込み」「ぶっきり」などから構成されています。

実際の演奏では、1人の打ち手が大波・小波を2~3回くらい打って、次の人へバトンタッチしていくというのが一般的なパターンです。

大太鼓は (基本となる節から大きく外れなければ) どのように打っても自由なので、打ち手はそれぞれ自分自身の屋台囃子を打ち、他人との違いを表現します。

いずれにしても、大太鼓は小太鼓の拍子にしっかり乗せて打つことが大事です。

玉入れ

玉入れは屋台囃子の集大成です。玉入れはコロコロと玉を転がすように軽快に打ちます。

玉入れにも大太鼓と同じように「大波」「小波」があります。

但し、打ち方は同じではありません。

玉入れにも基本となる節があり、大太鼓同様 (それを大きく外れなければ) どう打っても自由なので、打ち手によって演奏が違います。打ち手のセンスと技のみせどころです。

実際に山車の中で打たれる玉入れは、重さ最大20トンもある山車がギリ廻しされるときに打たれますので、ギリ廻しに時間がかかった場合、1人の打ち手が10分以上打つ場合があります。