秩父夜祭と屋台囃子

毎年12月2日(宵宮)・3日(大祭)に行われる秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並んで日本三大美祭及び日本三大曳山祭(ひきやままつり)の1つとして有名です。

2016年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。

12月3日の大祭には、4台の屋台と2台の笠鉾の計6台の豪華絢爛な山車(だし)が市街地を曳行(えいこう)されます。

そして、その山車の中で打たれている太鼓が秩父屋台囃子です。

重さ最大20トンもある山車が前進するときは豪快な大太鼓が打ち鳴らされ、山車が方向転換(ギリ廻し) するときは軽快な小太鼓の「玉入れ」が打たれます。

山車には屋台囃子演奏のために15~20人も乗り込み、山車の中の限られた狭いスペースで演奏するため、座って太鼓を打ち鳴らすという、郷土芸能の太鼓の中でもめずらしい「座位打ちスタイル」になったのです。

屋台囃子の演奏は、笠鉾であれば床下の土台の中、屋台であれば幕で囲まれた楽屋の中で行われるため、外からは太鼓を打っている姿は全く見ることができません。

初めて夜祭見物に来た人が「どこで太鼓を打っているのか?」と不思議がるのもそのためです。

しかし、演奏が全く見えないからこそ、山車の中から響いてくる太鼓の音は迫力満点なのです。